ホーム
会社概要
リトフェインについて
特徴について
販売について
  lithophane(リトフェイン)とは、1820年代後半ヨーロッパで始まったとされる透かし彫りの彫刻で、薄い
      半透明の磁器に彫刻し、その磁器の後ろから 灯りを照らすと、その彫刻が映し出される手法です。


  写真を元にして色の濃淡を彫り込み深さに変換します。薄くなったところは光の透過率が高くなり白く、
  厚いところは暗くなり黒く見えます。
  バックライトを当てることで±0.002mmまで制御した厚さの違いがグレースケールの微細なグラデーション
  を表現して、写真と見間違える程の描写をしています。
   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
 
   
   
Copyright c 2010 D-WORKS All Rights Reserved.